育児中主婦ミズトリの日用品日記

主に日用品や育児グッズ、たまに日常について書いていきたいです。

吊り戸棚収納に 丈夫で使いやすい吊り戸棚ストッカー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

我が家では吊り戸棚にニトリで購入した吊り戸棚ストッカーを愛用しています。

 

(左)スリムと(右)ワイドの2種類の大きさがあります。

 

それぞれの大きさ、値段は?

ニトリの公式ホームページ「ニトリネット」で検索しました。

●吊り戸棚ストッカー(スリム)

値段:476円(税別)514円(税込)

サイズ(約): 幅17×奥行32×高さ22cm

このサイズは外側の大きさのようです。

内寸を簡単に測ってみました。

内寸サイズ(約):幅14.8×奥行25.3

取っ手の部分が飛び出しているので、奥行には結構差が出ます。

 

●吊り戸棚ストッカー(ワイド)

値段:571円(税別)616円(税込)

サイズ(約): 幅22×奥行32×高さ22cm

内寸サイズ(約):幅19.5×奥行25.3

 

おすすめなポイント・価格

おしゃれなインテリアの特集などでよく目にする吊り戸棚の収納では、無印良品のファイルボックスが使用されているのを見かけます。

私もあのおしゃれですっきり綺麗にまとまった収納にあこがれていました。

しかしいざ実際自分の家に導入してみようと思った時に気になったのが価格です。普通のサイズで690円、ワイドタイプで990円と吊り戸棚いっぱいにいくつもそろえるとなると結構な金額になってしまいます。

その点、ニトリのストッカーはスリムで514円、ワイドで616円なので無印よりは安く購入できます。確かにめちゃくちゃ安いわけではなく、100均のストッカーに比べれば高いですが、手を出しやすい価格帯です。

 

おすすめなポイント・しっかりつかめる取っ手

もう1つ無印良品の購入に躊躇した点はその取り出しにくさです。

無印のファイルボックスを吊り戸棚で使用するとなると、取り出すときに丸い穴に指をかけて引っ張り出し、そのままだと下におろせないので必ずもう片方の手で支えなければいけません。毎回両手が必要になるのです。

ニトリのストッカーであれば中身がさほど重くなければ片手で乗せ降ろしすることができます。

100均の商品にも取っ手が付いたストッカーがありますが取っ手が下までカバーされておらずプラスチックも頼りないので、重いものが入っていると取っ手が曲がったりすることがありますが、ニトリのはしっかりした取っ手で、下までカバーされているので安心です。

 

おすすめなポイント・クリアタイプで中身が確認できる

クリアタイプなので中身が透けて見え、何が入っているか一目瞭然です。

中身が見えるとごちゃごちゃとして見た目になってしまいますが、そこは吊り戸棚なので戸を閉めてしまえば大丈夫です。

吊り戸棚は高い位置にあるので中身が見えないと確認のためにいちいち降ろさないといけないので収納したまま中身が確認できるのはとても便利です。

もちろん表面しか見えないので、何が収納されているのかストッカーにラベルを貼るとより分かりやすいので、我が家もラベルを貼っています。

 

そのほか吊り戸棚収納におすすめストッカー

ニトリのストッカーに形がよく似た商品ですが、フタがついていてホコリ対策ができる商品もあります。

 

ベルメゾンにもありました。蓋の色と高さが選べるようです。 

  

取っ手付きハンディーストッカー

 

 

こちらは取っ手が下の部分だけですが、その分収納が大きく取れそうです。両脇につかみやすい穴があけられているので持ち運びにも便利ですね。

楽天でまとめ買いもありました。吊り戸棚の整理するなら一気にそろえたくなるのでまとめ買いは助かります。

 

 

まとめ

ストッカーを吊り戸棚に使うようになってから、吊り戸棚の中がごちゃごちゃすることもなく、家族も使いやすそうで導入して良かったと思いました。

現在使用しているニトリのストッカーは何年も使用していますが割れたりすることもなくとてもしっかりしていて丈夫なので、これからも大事に使っていきたいと思います。