育児中主婦ミズトリの日用品日記

主に日用品や育児グッズ、たまに日常について書いていきたいです。

ブラーバを買って1か月たちました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1か月ほど前にブラーバを購入しました。

 

 

 

 f:id:shuhudiary:20181005145541j:plain

f:id:shuhudiary:20181005145557j:plain

急速充電スタンドのついたモデルの380jを購入しました。

付属のクロスは水拭き(青)と乾拭き(白)一枚ずつでした。

 使い方はとても簡単

乾拭きの場合はパッドにクロスを挟んで本体に取り付けます。水ぶきの場合はパッドに水を入れ、湿らせたクロスをつけます。あとは電源を入れてそれぞれのモードのボタンを押すだけです。

 

NorthStarキューブで部屋のすみずみまでキレイに

付属のNorthStarキューブを起動時に部屋の中央あたりにセットして電源を入れておけばより正確な位置情報を把握して、部屋のどこを清掃しているか、次にどこを清掃すればよいかを判断してくれるそうですが、NorthStarキューブはなくても掃除することはできます。

電源入れて置いておくだけなので私は毎回使っています。やはり、使用した方が部屋の隅まできちんと掃除できていると思います。特に壁際など。

電源を入れるとNorthStarキューブの青いランプが点滅するのですが、最初私はブラーバ本体とNorthStarキューブの通信が確立されたらNorthStarキューブのこの青い点滅が点灯にかわるもとだと勘違いしていて、なかなか点灯にならないので試行錯誤してはガッカリしていたのですが、ライトの点滅が点灯にかわるのはブラーバ本体の方でした。結構長い時間悩んで色々試していたので、時間がもったいなかったです(涙)説明書はちゃんと読みたいと思います。

 

ブラーバを使ってみて実感したメリット・デメリット

メリット

・毎日水拭きできる!

メリットは何といっても手軽に床を水ぶきできることです。乾拭きでの使用もしていますが、我が家では断然水ぶきでの使用が多いです。掃除機でゴミを吸い取ってからブラーバで水ぶきしています。

子どもがいるので床には食べこぼしや赤ちゃんのよだれなどが毎日付きます。そしてそれらの汚れを気にせず部屋中歩き回るので床の汚れは毎日掃除しても追いつきません。ブラーバを使うようになったら毎日床がサラサラ!子どもの足の裏も前より汚れていません。毎日水拭きしている安心感から、ちょっと食べ物落としても、まぁいいか食べちゃおうと思えるし、汚れてもブラーバで掃除するから気持ちも楽になりました。

(ブラーバ購入前も落としたもの食べてましたけど・・・)

 

・動作音が静か!

実家にロボット掃除機があるのですが、動作音が結構うるさいんですよね。その点ブラーバはかなり静かです。隣の部屋で動かしていても全く聞こえません。テレビ見ながら音楽聞きながら動かしても全くストレスにならないです。

 

・ゴミ捨てが楽!

私は重度の面倒くさがり屋で、家にある掃除機のゴミ捨ても限界までためるタイプなので、ロボット掃除機はすごく欲しかったのですが、ゴミ捨てのことを考えてなかなか購入できずにいました。ロボット掃除機は本体が小さいのでゴミもこまめに捨てなければいけないと考えていたからです。

その点ブラーバであれば、乾拭きして沢山のホコリが取れても、市販の床掃除用シートであれば使い捨てできるので剥がしてゴミ箱に捨てるだけです。

我が家はクイックルワイパーの立体吸着ドライシートを使用しています。毎回しっかりゴミが取れています。

ウェットシートも市販品を装着して使用できるようですが、子どもがいることも考えて完全に水だけで掃除がしたいというのと、付属のクロスの方がタオルのようにボコボコしていてよく拭き取れそうだなと思ってクロスを使用しています。クロスを洗う手間がありますが、小さいですしそんなに嫌いな作業ではなかったので良かったです。ゴミ受けのゴミを捨てる動作よりも断然洗う方が私には楽です。この手間が嫌だと思う方は使い捨てのウェットシートを使用するのがお勧めです。

 

・収納場所が小さい

掃除ロボットは自分で充電器に戻ってくるのがいいですが、立てることはできないのでコンセント近くに結構なスペースが必要ですが、ブラーバは立てて充電スタンドに乗せるので、収納場所は狭いところでも大丈夫です。

 

デメリット

・不在時の掃除にはむかない

ルンバや他のお掃除ロボットのように、お掃除が終わったら自動で充電スタンドに戻ってくるということはありません。掃除が終わるとスタート位置に戻るだけです。

乾拭きの時はそんなに気になりませんが、水拭きだとぬれたクロスをずっと床につけておくことになるので終わったらすぐ回収する必要があり、不在時の掃除にはお勧めしません。

ただ、掃除の時間もお掃除ロボットほど長くはないですし、音も静かなのでこのデメリットは我が家ではそこまで問題ではありませんでした。

 

・カーペットなどが引いてある部屋にむかない

お掃除できる床はフローリング、タイル、クッションフロア などなので、カーペットやラグがある場所はお掃除できません。これから寒くなる季節、ブラーバのためにカーペットを我慢しようかな・・・寒さに応じて考えようと思います。

 

・大きなゴミや隙間のゴミはお掃除できない。

やはり拭き掃除なので、大きなゴミはただ移動させるだけになりますし、隙間のゴミは取れません。我が家はブラーバを使う前に掃除機をかけるのでそれほど問題ないですが。

 

買ってよかった!ブラーバ生活まとめ

いくつかデメリットもありますが、私にはメリットがそれを大きく上回る結果となり、本当に買ってよかったと思っています。

床が毎日きれいだと嬉しいですし、これを維持しようと他の掃除も頑張れます。

はいはいしたりする小さい子どもがいるご家庭には特にお勧めです。これからも大切に使っていきたいです。

 

にほんブログ村 子育てブログへ