育児中主婦ミズトリの日用品日記

主に日用品や育児グッズ、たまに日常について書いていきたいです。

固形石鹸派ならコレ!おすすめダルトンソープホルダー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お風呂で体を洗うのには石鹸を使用しています。

石鹸置きはほおっておくと、ヌルヌルしたりカビの原因になるので、2年ほど前からダルトンのソープホルダーを使用していますが、これがとてもおすすめです。

 

ダルトンのソープホルダー メリット いろいろ

使い方は簡単で、瓶のフタにようなギザギザしたホルダーを固形石鹸にぐっと強く押し込み、壁に吸盤でくっつけた土台に磁石でくっつけておくだけです。

 値段

購入当時は送料無料で1000円のお店があったので買い回りキャンペーンの時に購入しました。

 

 

現在、もっと安く購入できるお店もありますね。

 

基本的な使い方は同じでも、より作り付けのような見た目のものもあります。

 同じ形でホワイトの商品も見かけました。インテリアにこだわりのある方は理想のマグネット式のソープホルダーがあるかもしれません。探してみる価値はありそうです。

ぬめらない

ずっと宙に浮いた状態にしておけるので、石鹸がすぐ乾き、ぬめりが出ません。石鹸置きのぬめりの掃除やお手入れから解消されます。

省スペース

必要なのはツルツルして吸盤がくっつく壁面だけです。石鹸をおいておくスペースが必要ありません。

石鹸を清潔に最後まで使い切れる

瓶の蓋のようなホルダーの厚みぎりぎりまで石鹸を使い切れます。

吊るした状態で、すぐに乾くので石鹸が溶けてしまうことなく長持ちさせられます。

 

ダルトンのソープホルダーのデメリット

水垢がつきやすい

デメリットは、ソープホルダー本体に水垢がつきやすいことです。

 f:id:shuhudiary:20181031112757j:image

我が家で使用しているソープホルダーです。水垢がついてしまって汚い画像で申し訳ないです。使用している石鹸は牛乳石鹸(青)です。

これでも白くうろこ状についていた水垢はメラミンスポンジでこすって落とした状態なんです。放っておくと、白いうろこ状の水垢が壁側の丸い土台と磁石がついているノズル部分についてしまいます。

小さくて掃除しづらいので、うちでは水垢を気にせずに使用することにしています。面倒くさがりなので、そこまで困らないことはすぐあきらめる性格です。

風呂上がりに水滴をふき取るなんてこともしません。使いっぱなしです。

水垢が気になる方は毎回水滴をふき取ったりすればピカピカの状態を維持できると思いますよ。

白い水垢なら、先ほども書きましたが、メラミンスポンジでとることが出来ました。

 

最後に残った石鹸がとりづらい 

石鹸を使っていくと、最後にホルダーの中に石鹸が残ってしまいます。次の石鹸をさす前に、残った石鹸を取り除く必要がありますが、結構とりづらいです。

我が家では、石鹸を使い切ったら桶に貯めたお湯の中に一晩つけておきます。石鹸が柔らかくなるのでにゅるっとすぐ取れます。

時間がないときはぐりぐりほじくりだしていますが、お湯につけておけば楽々なのでそんなに大変ではないです。

 

 まとめ

 私が考えるダルトンのソープホルダーのデメリットは水垢がつきやすいくらいで、他は本当に使ってよかったという感想しかありません。

当初は、吸盤だと結構簡単にポロッと取れてしまったりしてストレスになるかなと心配していましたが、今のところ吸盤が取れてしまったことはありません。

とても快適に使っています。これからも使っていきたいですし、キッチンもハンドソープが終わったら固形石鹸にしてこのソープホルダーを使おうかなと考えています。

子どもの汚れた服を洗うのに、ウタマロ石鹸を使っているのですが、ウタマロもこのソープホルダーにつけられないかな?ちょっと大きすぎるのでカットしたり必要かもしれませんが、石鹸をおいておくにはとてもいいグッズなのでいろいろと検討したいと思います。

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ