育児中主婦ミズトリの日用品日記

主に日用品や育児グッズ、たまに日常について書いていきたいです。

観たら絶対人に勧めたくなる!マイナーだけど面白い映画5選

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

主婦ブログなのに急に映画の話で申し訳ないですが、昔レンタルビデオ店でバイトをしていたことがありまして、毎日映画を見ていた時期があります。(懐かしい)

最近寒くなりおうちの中で楽しめる映画を夜な夜な見たりしていていろいろ思い出したので記事にしました。

 

ご紹介するのは、そこまで有名ではない映画だけれど1度見たら必ず人に薦めたくなる!言わずにはいられなくなる!という心揺さぶられるインパクトのある映画5選です。育児の疲れを忘れさせてくれると思います。

 

ドットジアイ

結婚を決めた女性が女友達が企画した独身最後のパーティで出会った青年キットに惹かれるところからストーリーは始まります。それ以外の前情報は何もなしでとりあえず観てもらいたい映画です。私自身パッケージの裏とか毎回しっかり読み込む派なんですが、この映画に関しては何も読まない方がいいです。口コミとか(読んじゃ)ダメ、絶対

出演しているのはメキシコの俳優ガエル・ガルシア・ベルナルです。役所広司や菊地凛子が出演したので有名な映画「バベル」へも出演していました。

最近はAmazonプライムのドラマ「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」に出演しているようなので近々見たいと思っています。

かっこいいです!

 

アモーレス・ペロス

 今や有名監督のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの初監督作品です。メキシコ人監督で、先ほど少しだけ書いた「バベル」の監督です。この作品にもガエル・ガルシア・ベルナルが出演しています。

3つのストーリーが同時に進行し、1つの交通事故で物語が交差します。全く違う境遇の男女の愛の苦悩と喪失が描かれ、見終わった後には色々と考えさせられ、そして誰かと話したくなる映画です。

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの他の作品もきっと見たくなると思いますよ。おすすめです!

 

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

 オフ・ブロードウェイで上演されていたミュージカルの映画化です。日本でも何度も舞台が上演されています。私も過去に見に行きましたがとても盛り上がり舞台です!!来年にもまた再演されるそうで、今度は浦井健治さんがヘドウィグ役で、どんな風になるか楽しみです。(見に行けそうにありませんが…)

とにかく楽曲がどれも素晴らしくて映画を見終わったらきっとサントラを聞きたくなるはずです。

ストーリーは全米各地を旅する、男性から性転換した売れないロック歌手が幼いころ母に聞いた「愛の起源」にある、自分の片割れを探して旅するもので、物語のいたるところに歌がちりばめられていてどの曲もとてもステキなんです。

 

リトル・ミス・サンシャイン

 美少女コンテストのクィーンを夢見る少女とその家族が、黄色いワゴン車に乗ってコンテスト会場を目指すという物語なのですが、少女とその家族がみんな個性豊かで可愛らしいんです。家族それぞれが問題を抱え絆が崩壊しているのですが、会場へ向かう道中家族で助け合い徐々に再生していくのに胸を打たれますが、シリアスな雰囲気はなく楽しめます。

第79回アカデミー賞では作品賞を含む4部門でノミネートされ、脚本賞と助演男優賞を獲得しているので、マイナーではなかったかな。

 

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア

 とある病院で余命わずかと診断された2人の男性が天国で流行しているという海の話をするために、車を盗み、病院を脱走し海へと向かうというストーリーです。道中トラブル、というか車を盗んでいるので当然追われる身になるのですが残り少ない命の彼らは怖いものがなく犯罪を重ねていきます。

スタンフォード監獄実験を元にした映画「es」に出演していたモーリッツ・ブライプトロイが2人を追いかけるギャングを演じています。

映画を見たのはかなり前ですが、ラストシーンは今でも忘れられません。限られた時間の中で過ごした最高な時間を見せてくれます。

 まとめ

 それぞれ賞など取っていますしそんなにマイナーではなかったでしょうか。こんなの知ってるよっという方には申し訳ないです。

映画のレビューとか書いたことがなくて、いつも人に進める時には「これ、私はいいとおもうよ。是非見て。」くらいしか言えなくて、「これ見て!」以外の言葉で人に良さを分かってもらうよう書くのはとても難しいなぁと思いました。

映画や本(もちろんそれ以外も)のレビューされている方たちを本当に尊敬します。私ももっと勉強してレビュー記事や普段のブログ記事をうまく書けるようになりたいです。

・・・と、まとめが反省になってしまいました。

バイト時代に見た面白い映画はまだまだ沢山あるので、いつかまた挑戦したいです!!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ